2017年05月19日

現実味がある

より可能性があるターゲットは、セビージャとの契約が今シーズンいっぱいで満
了するアベル・バネガ。あるいは、ゼニトなど競合相手が多いものの、
モナコのジョアン・モウチーニョもギュンドアンよりは現実味があるだろう。
飲み会コンパニオン

司令塔タイプとは言えないが、セントラルMFではフレディ・グアリンも候補のひと
り。ライバルのインテルの選手で、しかも2年前に成立寸前で移籍が流れたこともあり、
ユベンティーノの心象はあまり良くない。それでもGD(ゼネラルディレクタ
ー)のジュゼッペ・マロッタらクラブ上層部の評価は依然として高く。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。