2017年09月13日

不足を実感して

1月に強化をめざしているのが中盤だ。夏に退団したアンドレア・ピルロ
(現ニューヨーク・シティ)とアルトゥーロ・ビダル(現バイエルン)の穴を埋め
られず、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はクオリティー不足を実感している。
上野 キャバクラ

昨シーズンの4-3-1-2から3-5-2にメインシステムをシフトしたのは、
アッレグリ監督がこだわりを持つトップ下に、その要求水準を満たすクオリテ
ィーの持ち主がいないから。夏に獲得したエルナネスが使い物にならず、
またロベルト・ペレイラの故障離脱も響いた。中盤の組織構築が遅れた。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。